「中古プリウスを売りたい」ここから本文です

中古プリウスを売りたい

中古プリウスを売買するときの注意点


中古プリウスに関心がある人は結構います。
そして、売りたい方も買いたい方も、中古ですからバッテリーには大きな不安を持たれています。
いまどきのUsed Car(ようするに中古車ですが^^)でしたら、10万キロ越え、10年落ちといった程度では、買うにしても売りたい場合でも大きな問題ではありません。
しかし、それがプリウスやインサイトなどハイブリッドカーとなると注意すべき点が増えてきます。
トヨタの場合、駆動用バッテリー(走行用バッテリー)は10万キロか、新車登録から5年間の早いほうが保証期間です。
トヨタの公式サイトでは駆動用のバッテリーに関してこのように書かれています。
駆動用中古ゆえバッテリーには寿命があります。 寿命はクルマの使い方、走行条件により異なります。 保証は新車を登録した日から5年間です。 ただし、その期間内でも走行距離が10万kmまでです。

しかし、2代目のプリウスを大量に(20台)に導入したタクシー会社によると、20万キロぐらいから燃費が落ち始めて、30万キロになる頃にはバッテリーが交換せざるを得なくなったそうです。
タクシー業者ですから、日々の整備は充実していたと思いますが駆動用バッテリーは意外とタフなんですね。
乗り替えまで駆動用バッテリー交換の経験をしないユーザーも少なくないかもしれませんね。

プリウスはバッテリー以外にも注意したい

ただし、メインの駆動用バッテリー以外に、補機バッテリー(制御用のバッテリー)も搭載しています。これは3〜5年での交換が一般的です。
その金額も、3万円前後から6万円以上と、油断できません。
また、パワーコントロールユニットの故障が、10年以上経ってくると心配になります。
この修理には40万円以上掛かると言われ、車買取業者も嫌っていて、プリウスといえども買取金額が抑えられるようです。
ようするに中古のプリウスを買いたい人でも、あまりに古い車体はじゅうぶん調べてからです。
また、プリウスを売りたいなら、10年落ちになる前に手放したほうが良さそうです。
また、売る時に大切なのですが、現状での売却を保証してもらうことに尽きます。
中古車の買取専門業者には、車買取専門の業者には、独自のクレーム保証など、売ったあとの不具合に関して元オーナーには一切責任が課せられない保証があります。
買取り車、全部に対して保証する業者もあります。
これは、買取りの際に実車を見て責任を持って査定するわけですから当然といえば当然です。
しかし、車の過去に対して全てを報告するのが義務ですが、うっかり忘れてしまうこともあり、完璧は不可能にちかいでしょう。
いえ、出来ないオーナーがほとんどだと思います。
しかし、残念ながら、そこを突いてくる中古車業者もあるようです。

他方、ビッグモーターのように料金を取るところもあります。しかし、逆に支払っていれば明確になるのでトラブル回避になると思います。

ある程度年式の経ったプリウスのようなハイブリッドカーの売買には保証制度に加入(もしくは売却後の責任の明確化)は、絶対条件だと感じます。
そうしないと、たとえ年間のガソリン代は安くなっても、修理代で痛い目に遭うでしょう。
そもそも、新車時でも本来の持つ車格よりはハイブリッド部分が加算されています。
同一車種でもガソリン車よりディーゼル車が高いのと似ています。
さらに、ハイテク化された車は、軽トラックよりもあきらかに複雑になります。
当然、故障する割合も高くなります。
その修理といっても直すというより壊れたパーツの置き換えだったりするのです。それゆえ、割高になる傾向です。

ちょっと視野を広げると、ガソリン車の燃費も相当よくなっています。
10年以上前のようにハイブリッドのみがエコということではありません。
ひとまわり小さなガソリン車も選ぶ際に考えると良いかと思います。
選択肢もちょっと広がり、あなたらしいクルマのある暮らしが実現しますよ。
その上ならばプリウスも大いに結構!
「あなたらしい」って大切だと思いませんか?

TOPページへ戻る

プリウスの中古車とバッテリーの関連


車買取査定 口コミ
フォレスター下取り
中古車の買い取り相場
中古車査定
オデッセイ下取り相場
ページトップへ